ビタミンC誘導体でしわを予防

26c940e328d0d43aef9302d476d84659_m

しわができてしまう一番大きな理由はお肌の弾力不足。
ハリや弾力を失ってしまうと表情によってできるしわが元に戻らなくなって、それが固定化し、しわになってしまいます。

若い時にはしわができませんが、これはハリや弾力があるので、一時的にしわができても直ぐに元に戻ってくれるからです。
つまり、逆に言えばお肌にハリや弾力を取り戻すことができればしわは改善できますし、また、弾力を維持する事ができればしわは予防する事ができるという訳ですね。

では、どうすれば、ハリや弾力を維持する事ができるか?
その為には真皮のコラーゲンやエラスチンが活発に生成する必要があります。

お肌のハリや弾力はコラーゲンやエラスチン、またはヒアルロン酸と言った美容成分によって保たれているからです。
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は真皮の繊維芽細胞と呼ばれる細胞で作られます。

つまり、この繊維芽細胞を活性化する事ができれば、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を維持する事ができると言う訳です。

そこで最近注目されているのが「ビタミンC誘導体」です。
ビタミンCが抗酸化作用に優れ、美容にはとても効果がある事はご存知かもしれません。

ところがビタミンCには「安定性に欠け、酸化しやすく、お肌に吸収されにくい」という欠点があります。
実はこのビタミンC誘導体はこのビタミンCの欠点を改善された物なのです。

お肌への吸収がよく、また吸収された後、酵素と反応する事でビタミンCに変化し、繊維芽細胞に作用してくれます。
この作用によって繊維芽細胞が活性化され、コラーゲンやエラスチンを活発に作り出してくれる効果が期待できると言うわけですね。

また、ビタミンC誘導体はしわだけではなく、しみやたるみの解消にも効果があると言われているアンチエイジングには万能の成分です。

まだ使った事が無い方は一度試してみてはいかがでしょう。
今人気のアイテムをいくつか紹介しておきますので興味をお持ちの方はチェックしてみてください。

⇒ ビーグレン エイジングケア
⇒ リペアジェル
⇒ サイクルプラス

ビタミンC誘導体の使い方は?

おすすめの使い方は基本的に洗顔の後に使うことです。
洗顔し、化粧水を塗る前に塗ります。

その後、化粧水、乳液、美容液という順番でつけていきます。
時々、集中ケアとしてビタミンC誘導体でコットンパックするのもおすすめです。

また、ビタミンC誘導体は原液や粉末で手に入れる事もできるので、精製水を使い手作りの化粧品を作る事もできます。
その場合は濃度に注意して自分のお肌に合うように調整しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 9月 28日

ピックアップ記事

1127

2018.11.27

ライスビギンの商品情報や効果、口コミ成分は?

ライスビギンとは? ライスビギンは医薬部外品として日本で唯一、お肌の水分保持能を改善する効果が認められた成分、ライスパワーNo11が配合さ…

しわを無くす化粧品

おすすめ記事

  • Fotolia_83885303_Subscription_Monthly_M

    2016.1.25

    ほうれい線を消す美顔器

    今回はほうれい線に特に効果的な美顔器を紹介したいと思います。 ほうれい線が目立…

  • Fotolia_86286679_Subscription_Monthly_M

    2016.2.29

    飲むヒアルロン酸 美潤

    しわやたるみ、ほうれい線は、お肌の外から美容成分を塗るだけではなく、体の内側から…

  • 13aefdc395e2782ff7f6b3620c67e2c8_m

    2015.5.26

    唇のしわをなくすには?

    唇もしわが気になるパーツの1つ。 加齢と共にハリがなくなり、縦ジワが目立ち始め…

  • Fotolia_84717113_Subscription_Monthly_M

    2015.7.5

    糖化とは

    糖化とは、お肌を老化させる大きな原因の1つです。 もちろん、しわが出来てしまう…

ランキング

ページ上部へ戻る