塗るボトックスとは

Fotolia_76879286_Subscription_Monthly_M

塗るボトックスをご存知でしょうか?
ボトックスと言えば、しわを取る注射が有名ですよね。
美容クリニックのとてもメジャーな治療の一つでもあります。
また、ボトックス注射はメスを使わないプチ整形とも言われます。
ボトックス注射には筋肉の動きを抑える働きがある為に、結果的に表情しわを改善する働きがあるのです。

では塗るボトックスとはどういう物か?
実は正確にはボトックスとは全く違う物です。
「アルジルリン」と呼ばれる新しい成分が開発されましたが、実はこの成分がボトックスと同じような効果を得る事が出来る事から、この「アルジルリン」が配合されている化粧品を塗るボトックスと呼ばれるようになったんですね。
ですから、同じボトックスと言う言葉が使われていますが、中身は全くの別物です。

「アルジルリン」は注射をすることなく、塗るだけでボトックスと同じように表情筋の働きを抑える効果があります。
この働きによって、気になるしわが改善されると言うわけです。

ちなみに人にもよりますが、塗ってから2週間から3ヵ月でその効果を感じるそうです。
使い方も簡単で、また、価格も通常の化粧品と変わらない物が多く、ボトックス注射よりも手軽に使えて効果も期待できると言う事で最近とても注目されているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_76880628_Subscription_Monthly_M

2015.7.26

人工皮膚化粧品

人工皮膚と言う言葉を聞いた事がおありでしょうか? 本来、人間の皮膚は傷ついても元に戻る力を備えています。 ですが、この力にも限界があって…

しわを無くす化粧品

おすすめ記事

ランキング

ページ上部へ戻る