高濃度ビタミンc誘導体の化粧水は?

Fotolia_70567990_Subscription_Monthly_M (1)

ビタミンC誘導体がシワにもとても効果的なのは既にご紹介しました。
【参考】 ビタミンC誘導体でしわを予防

ただ、最近は高濃度ビタミンC誘導体と言う言葉が見られますが「高濃度」であれば、より効果が高いのか?と言うと実はそうとは言い切れないので注意しないといけません。

一般的に化粧品で使われるビタミンC誘導体は1~2%の物が多く、クリニックで使われている物は5~6%と言われます。
また、通販では100%の原液を謳った物も見受けられます(信頼度には疑問が残りますが)

確かにビタミンC誘導体の濃度が高ければ、それだけ少量でビタミンC誘導体を肌に届ける可能性は高まります。
ですが、問題が二つあります。

1つはお肌への負担です。
ビタミンC誘導体は濃度が濃くなると肌への刺激も大きくなりますし、また、皮脂量をコントロールするので乾燥が気になる方にとっては逆にお肌が乾燥しすぎる可能性もあります。
また、もう1つの問題は浸透力の問題です。
いくら濃度が濃くても浸透力が低ければその効果は半減します。

つまり、ビタミンC誘導体の効果を安全に体感する為には濃度は高くなくても、量をコントロールしながら、しっかりと浸透してくれる物を利用する方がトラブルがなく、シワには効果的と言えます。

そこで特におすすめなのがこちらです。

SWC4

⇒ ビーグレン エイジングケア

ビーグレンはカリフォルニア発のドクターズコスメですが、1番の特徴は国際特許を取得している浸透技術です。
お肌の細胞を甦させるにはエイジングケア成分をお肌の奥に安定して届け、また長時間効果を発揮させる必要があります。
ところが、これまでの化粧品は「浸透が浅い」「効果が短い」などの問題を持っていました。
ビーグレンの浸透技術はこの問題を解決した事で他のメーカーでは届ける事ができない箇所まで確実に浸透させ、また効果を持続させます。
これがビーグレンがシワでお悩みの方に驚異的なリピートを誇る理由です。
365日間返金保証がついているリーズナブルなトライアルセットが用意されているのでまずはこちらを試してみてはいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

Fotolia_96140450_Subscription_Monthly_M

2015.11.27

30代のおでこのしわ

30代になると「今まで気がつかなかった・・」おでこのしわが気になりはじめる方が増えてきます。 しわは早期対処がとっても大切。 そのまま放…

しわを無くす化粧品

おすすめ記事

ランキング

ページ上部へ戻る