コラーゲンサプリの効果は?

Fotolia_66130146_Subscription_Monthly_M

コラーゲンが老化に大きく関係している事は間違いありませんが、コラーゲンを経口摂取すると老化やしわに効果があるのか?
これについては専門家を含め、ネット上でもいろいろ言われていますね。
実際のところ、例えばコラーゲンサプリは効果がないのでしょうか?
細かく調べてみましたのでまとめてみたいと思います。

コラーゲンは経口摂取する事でその効果が認められた!

まずは結論からお話します。
コラーゲンは経口摂取してもその効果はあります。
実はその有用性を実証した実験結果が発表されているんですね。
こちら

ただ、口から摂取したコラーゲンがそのまま、体のコラーゲンとして使われるような単純な仕組みではありません。
コラーゲンの効果を否定する専門家?の方達はこの部分を指摘します。
確かに口から入れたコラーゲンがそのままコラーゲンとして使われるなら、例えば、髪の毛の薄い人が髪の毛を食べれば、髪が生えるのと同じです。
そんな訳はありません。

では、どのように効果が出るのか?
口から摂取されたコラーゲンはまず、アミノ酸に分解されます。
その為に、コラーゲンの成分が全てコラーゲンとして再生されるわけではありません。
基本的には分解されて、いろいろな成分として活用されます。

ところが、コラーゲンの中には「ヒドロキシプロリン」と呼ばれる成分があります。
この「ヒドロキシプロリン」はコラーゲンの螺旋構造を作るのに必要な成分で、この成分は天然ではコラーゲン以外に含まれていません。

その為に、コラーゲンを口から摂取する事はこの「ヒドロキシプロリン」を摂取できる事になり、また
「ヒドロキシプロリン」を摂取する事は体内でコラーゲンを生成する助けになるという事になります。

ただ、全てのコラーゲンにこの「ヒドロキシプロリン」が含まれている訳ではなく、低分子コラーゲンペプチドを使用したコラーゲン製品だけにこの成分が含まれています。
つまり、いくらコラーゲン製品あっても低分子コラーゲンペプチドを使用していない物は効果が期待できないとも言えるわけです。

まとめ

上記の事からコラーゲン製品の効果を期待する場合は、「低分子化されたコラーゲン製品を長期的に摂取する事」が必要と言う訳ですね。
食事からのコラーゲンを含め、短期的にコラーゲンをしょっと摂取しても効果は期待できません。
ですが、逆に言えば、長期的に摂取している人は確実に周りと差が出来ていくと言う事でもあります。

低分子化されたコラーゲンサプリは?

すっぽん小町
7.7.3

・黒酢の91倍のアミノ酸
・ヒドロキシプロリン配合
・1日98円のコストパフォーマンス

⇒ すっぽん小町

神のコラーゲン PURUOI
7.7.4

・超低分子ナノコラーゲン
・90%の吸収率
・冷水でも溶ける顆粒タイプ

⇒ 神のコラーゲン PURUOI

UMIウェルネス コラーゲンゼリー
7.7.2

・天然型N-アセチルグルコサミン(ヒアルロン酸の素)配合
・良質白身魚フィッシュコラーゲン

⇒ UMIウェルネス コラーゲンゼリー

ニッピコラーゲン100
7.7.1

・コラーゲン原料シェアNO1
・コラーゲンペプチド100%
・無味無臭でどんな料理にも使える

⇒ ニッピコラーゲン100 トライアルセット

活性ナノコラーゲンつぶ
7.7

・コラーゲンドリンクの100倍のコラーゲン産生力
・Lヒドロキシプロリン配合
・ナノサイズの低分子コラーゲン

⇒ 活性ナノコラーゲンつぶ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

concept of aging and skin care. face of young woman and an old woman with wrinkles

2015.6.10

ほうれい線を消すにはビーグレン?

ほうれい線を消してくれるコスメをお探しの方にはビーグレンがおすすめかもしれません。 ビーグレン エイジングケア ほうれい…

しわを無くす化粧品

おすすめ記事

ランキング

ページ上部へ戻る