しわに効果的なコラーゲンとは?

Fotolia_38069100_Subscription_Monthly_M

「しわやたるみにはコラーゲンが効果的」
誰もが一度はこんな事を聞いた事があるのではないでしょうか。

コラーゲンがしわに良い事はなんとなく知っていても、「なぜ、コラーゲンがしわに効果的なのか?」正しく理解している方は非常に少ないのではないでしょうか。

そこで今回は今更聞けないコラーゲンについておさらいしてみたいと思います。

コラーゲンの役割は?

コラーゲンは皮膚や、骨、眼、歯や歯茎など、私達の体中に存在しています。
中でも特に多く含まれているのはアキレス腱などの「腱」に含まれ、約90%です。
続いて多いのが皮膚の真皮です。

コラーゲンの役割は大きく2つあります。
1つは細胞と細胞をつなぐ役割です。
私達の体には約60兆個の細胞があると言われています。
これらの細胞と細胞の間には細胞間物質を呼ばれる物があります。
この細胞間物質を作っているのがコラーゲンです。

そして、もう1つの役割が皮膚や内臓、骨を作る事です。
皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層から出来ていますが、真皮の約90%がコラーゲンで作られています。私達の肌にハリや弾力があるのはこのコラーゲンのおかげです。

また、コラーゲンは肌だけではなく、骨や血管にもとても重要な成分で、私達の体を維持する為には必須の成分なのです。

コラーゲンがしわに効果的な理由は?

真皮にはコラーゲンの繊維が密に張り巡らされていて、エラスチンの繊維がそれらを繋いでくれています。この作用によって私達の肌は弾力を維持しています。
コラーゲンやエラスチンは線維芽細胞と呼ばれる細胞から作られます。
ところが、年齢と共に、その生産量は少なくなります。
また、線維芽細胞その物も紫外線やストレスなどの影響によって、その働きが衰えていきます。

その為に、真皮はだんだんとハリや弾力を失ってきます。
その結果が肌のたるみやしわです。
逆に言えばコラーゲンが豊富に作られていればお肌のハリや弾力が失われる事もなく、しわが出来る事もないのです。
それがコラーゲンがしわに効果的な理由でもあります。
また、コラーゲンは量だけではなく、質も非常に大切です。
ただ、量が多ければ良いと言うわけではなく、活発に新陳代謝し、劣化する前に新しいコラーゲンを生成し、新鮮なコラーゲンを維持することもとても重要です。

いずれにしてもハリと弾力のある若々しいお肌は質の高いコラーゲンが正常に維持されている状態と言えるわけです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

concept of aging and skin care. face of young woman and an old woman with wrinkles

2015.6.10

ほうれい線を消すにはビーグレン?

ほうれい線を消してくれるコスメをお探しの方にはビーグレンがおすすめかもしれません。 ビーグレン エイジングケア ほうれい…

しわを無くす化粧品

おすすめ記事

ランキング

ページ上部へ戻る